社会保険労務士の西野毅です。

先日の日経新聞web版にこんな記事がありました。

—————————————————–
世論調査や人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップが世界各国の企業を対象に実施した
従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)調査によると、
日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%しかないことが分かった。
米国の32%と比べて大幅に低く、
調査した139カ国中132位と最下位クラスだった。

企業内に諸問題を生む

「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%、

「やる気のない社員」は70%に達した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16873820W7A520C1TJ1000/

—————————————————
この記事を見てどう思います?
『うすうす感じてはいたものの、ここまでひどいとは!!!!!』
『世も末か・・・・???』
多くの人達のため息が聞こえてきそうです。

では、どうしたらいいのでしょう?
以下、記事の解説は無視して私なりの考えを述べさせていただきますね。

一言で言うと、個々の社員へのアプローチが必要。

これができる会社とそうでない会社とでは社員の熱意が全く違ってきます。

私たちバブル世代までは、仕事は欲しいものやお金を手に入れる為の手段でした。

そして、それに向けてより合理的に自ら成長する、

それが仕事に対する意識だったと言えます。

同世代が多く、子供の頃からボ~ッとしてたら置いてけぼりを食らうという環境で育ったこともあるでしょう。

会社が旗(ニンジン?)を掲げると、一斉に走っていくイメージですよね。単純なもんです。

でも、今の若者は違います。

仕事は日常生活を最低保障するための手段でしかないんです。

豊かで手厚く育てられ、でも低成長時代である為、私たちとは全く異なります。

では、仕事自体に全く関心が無いかと言うとそんなことはありません。

『癒されたい』

『必要とされたい』

『気の合う仲間と一緒に頑張りたい』

 

ちゃんとモチベーションのポイントは持っているんです。

ただ、旗(ニンジン?)めがけて一斉に走っていく私たちとは違って、
周囲の働きかけが必要なのです。

ちょっとした一声、

「頑張ってるな~」
「頼りにしてるで~」

そんな声をかけてあげることで、

『熱意あふれる社員』(といってもマイルドな熱意かもしれませんが…)

の割合が増えますよ!!
——————————————————

今回取り上げました若者の仕事への価値観、若者を理解する為のキーワード等、
社員を活性させる方法は、セミナーで詳しくお伝えします。

↓       ↓       ↓

 

★セミナー開催のお知らせ
下記日程でセミナーを開催します。テーマは採用、今多くの経営者が悩んでいる「募集しても人が来ない!」を解決する方法を、上手く応募に結び付けた実例を交えてお話をします。

人が集まらない原因は「景気がいいから」「求人件数が増加しているから」と思ってませんか?
ホントの原因は採用市場がグランフロント化しているからなんです。
(グランフロント化って???それはセミナーでお伝えします。)

それに、対応した企業だけが今後採用市場で勝ち残れます。

今回お話する内容は、これまでの採用の概念を覆すほどのインパクトがあります。
無料でご参加いただけますので、是非お越しください。

①    6月15日(木)19:00~21:00
②    7月18日(火)14:00~16:00

場所:大阪市立総合生涯学習センター(両日程とも)
(大阪駅前第二ビル5階)
http://osakademanabu.com/umeda/access

お申し込みは、このメールに返信いただくか、下記のフォームからお願いします。
https://peraichi.com/landing_pages/view/cilti