おはようございます。社会保険労務士の西野毅です。

このところ続けて採用の話題をお伝えしていますが、

企業の採用難は深刻です。

そんな中、帝国データバンク社が

「人材確保に関する企業の意識調査」を発表しています。

それによると、

70%超の企業が人材確保の為に何らかの取り組み

を実施しているようです。

順に見ていきましょう。

1 賃金体系の見直し 46.6%
2 就業制度の充実(時短勤務やフレックスタイム制、有給休暇時間取得など)23.5%
3 採用情報の発信(人材紹介会社の活用、求人広告への出稿など)21.3%
4 福利厚生制度の充実(特別休暇:産前産後、育児、介護、リフレッシュなど)   20.9%
5 自社採用ホームページの公開、リニューアル 20.8%

なんと、賃金体系の見直しが最も多く、半数近いです!!
それも、中小企業の方が多い傾向が出ています。

これを見てどう思います?
「うちも給与を上げんとあかんかな~?」
ってなりますよね。

でも、ちょっと待って下さい。
給与を一度あげると、やっぱり元に戻そう!
なんてできませんよ。

もっと他にすることはないですか?

一度自社の求人広告を求職者目線で見て下さい。

 

 

 

 

 

 

 

自社の良さがちゃんと伝わる内容ですか?

中小企業の求人広告の内容って、抽象企業になってることが多いんですよ。

社員の顔写真が載ってますか?

 

 

 

 

 

 

どんな人が働いているかを見せることで、安心感が出ます。

未経験者歓迎、って書きながらそれだけで終わってませんか?

スタッフ9名中4名が未経験からスタートしています。

同じく未経験からスタートした先輩が丁寧にお教えしますので安心ですよ。

そのように具体的に記載するだけで全く印象が変わりますよね。

そんな風に、自社の働きやすさを具体的に挙げ、

抽象企業から脱却しましょう。

きっと反応が違ってきますよ。

 

★セミナー開催のお知らせ

下記日程でセミナーを開催します。

テーマは採用、今多くの経営者が悩んでいる
「募集しても人が来ない!」を
解決する方法
を、
上手く応募に結び付けた実例を交えてお話をします。

人が集まらない原因は
「景気がいいから」「求人件数が増加しているから」
と思ってませんか?

ホントの原因は
採用市場がグランフロント化
しているからなんです。
(グランフロント化って???それはセミナーでお伝えします。)

それに、対応した企業だけが今後採用市場で勝ち残れます。

今回お話する内容は、これまでの採用の概念を覆すほどのインパクトがあります。
無料でご参加いただけますので、是非お越しください。

① 5月18日(木)14:00~16:00
② 6月15日(木)19:00~21:00
場所:大阪市立総合生涯学習センター
(両日程とも)
【大阪駅前第二ビル5階】

お申し込みは、このフォームからお願いします。