社会保険労務士の西野毅です。

いい会社とは? という問いに、何と答えますか?

売上高が大きい

規模が大きい

利益が大きい

給料が高い

休みが多い

立場によって、答えは変わるでしょうね。

3月から経営コンサルタント 牧野公彦さんの「いい会社」の法則実行委員会に出席しています。
そこで定義される「いい会社」とは、

1番目 社員とその家族を大切にする
2番目 外注先・下請企業の社員を大切にする
3番目 お客様を大切にする
4番目 地域社会を大切にする
5番目 株主を大切にする

なんと、お客様よりも社員とその家族、外注先・下請企業の方が優先なんです!!

最初は驚いたのですが、理由を聞くと納得です。

社員が幸せでなければ、お客様を大切にするなんてできないから。

実際、お客様と親しくなると、ついつい会社の不満を口にしてしまうなんて光景を何度も目の当たりにしてきました。

ホントは言語道断の行為ですが、出てしまう場合がありますよね。

また、外注先や下請企業は「社外社員」になるんです。

下請企業が実際にお客様と対応することもありますよね。
例えば配送業者などはその典型です。

そこで働く人たちも人間ですので、同じことが言えます。

牧野さんの話では、「いい会社」を訪問すると、空気が全く違うようです。

社員さんはみんな、なんとも言えない楽しそうな表情をしているんですって!

お金ではない、労働条件でもない、(もちろんそれも大切ですが)

キーワードは「心を満たす!」です。

 

 
——————————————————
 

★セミナー開催のお知らせ
下記日程でセミナーを開催します。

テーマは採用と育成、今多くの経営者が悩んでいる「募集しても人が来ない!」を解決する方法を、上手く応募に結び付けた実例を交えてお話をします。

人が集まらない原因は「景気がいいから」「求人件数が増加しているから」と思ってませんか?
ホントの原因は採用市場がグランフロント化しているからなんです。
それに、対応した企業だけが今後採用市場で勝ち残れます。

また、助成金を使って人を育てる方法もお伝えします。

今回お話する内容は、これまでの採用の概念を覆すほどのインパクトがあります。
無料でご参加いただけますので、是非お越しください。

 7月18日(火)14:00~16:00
場所:大阪市立総合生涯学習センター
(大阪駅前第二ビル5階)
http://osakademanabu.com/umeda/access

お申し込みは、このメールに返信いただくか、下記のフォームからお願いします。
https://peraichi.com/landing_pages/view/cilti