社会保険労務士の西野毅です。

梅雨も明け、いよいよ暑本番・・・

ていうか今年は大阪では梅雨っぽくなかったですが。

この季節、汗でスーツのズボンが足にベチャってくっつくのが気持ち悪いです。「すててこ」の出番ですよね。

ところでこの「すててこ」、かつてはオヤジ達がランニング、腹巻き、すててこの3点セットで近所で夕涼みをする姿をよく見かけました。ウチの親父も隣のオッチャンも…

 

 

 

 

 

 

そんな姿を見て育った僕なんかは大人になっても絶対「すててこ」なんかはかないぞ!!

と心に決めていました。

そのすててこが近年大きく変化しています。

おしゃれなデザインになり、「すててこ」から「ステテコ」、中には「フレンチカルソン」や「ロングトランクス」なんて呼び方も出始め、ブームになっているようです。

イメージが変われば売れ行きが変わるんですね。

求人も同じことが言えるんです。ちょっとイメージを変えれば応募数にも影響します。

例えば、医療事務や調剤事務という呼び方をやめて「メディカルクラーク」や「コンシェルジュ」、

服装も色つきの白衣(正しい名前がわかりません)からホテル風にするだけで随分応募数が増えるようです。

クリニック、薬局の雰囲気も変わりますし、スタッフの意識も変わるでしょう!

一石三鳥ですね。

また、パート社員の呼び方を変えることでも応募が増たりと、イメージの影響は大きいです。

 

——————————————————

★セミナー開催のお知らせ
下記日程でセミナーを開催します。
テーマは採用と育成、今多くの経営者が悩んでいる「募集しても人が来ない!」を解決する方法を、

上手く応募に結び付けた実例を交えてお話をします。

人が集まらない原因は「景気がいいから」「求人件数が増加しているから」と思ってませんか?
ホントの原因は採用市場がグランフロント化しているからなんです。
それに、対応した企業だけが今後採用市場で勝ち残れます。

また、助成金を使って人を育てる方法もお伝えします。

今回お話する内容は、これまでの採用の概念を覆すほどのインパクトがあります。
無料でご参加いただけますので、是非お越しください。

8月28日(月)14:00~16:00
場所:大阪市立総合生涯学習センター
(大阪駅前第二ビル5階)
http://osakademanabu.com/umeda/access

お申し込みは、下記のフォームからお願いします。
https://peraichi.com/landing_pages/view/cilti